営業日報を活用できるSFAやCRMシステムで事業拡大を目指そう

データの運用

会社

顧客のデータを使う

売上の核となる営業は、どの企業でも強化していき事業を拡大していきたいと望むことです。ですから、できる限りターゲットを広めて集客・購買に繋げられるように試行錯誤されます。ただ、数が多ければいいわけではなく、それぞれのニーズに合わせて展開していく営業が求められる時代になりました。そのため、営業は顧客のデータをいかに集めて運用するかがカギを握るようになったのです。

共有化で営業力アップ

営業の業務管理をするシステムは、SFAやCRMなど色んな分野に合わせて展開されています。特に営業担当者自身の管理を行なうSFAは社内での営業力強化に繋がる重要なシステムでしょう。例えば、担当者が毎日報告する営業日報には、商談内容や販売実績などが記録されています。
単に営業日報を記録だけでとどめておけば、それぞれの業務振り返りにしか使えません。しかし、営業日報を関係者に共有化するシステムを搭載しておけば、業務がスムーズになるでしょう。引継ぎを行なう必要がある時も顧客ごとにまとめられた日報を閲覧したら分かりますし、顧客の販売記録から傾向を見出すことができます。こうした細かな部分まで徹底した可視化と共有化が行なえるようになれば、企業の営業力は簡単にアップさせることができます。
また、営業日報を含むSFAやCRMのシステムは、社内のパソコンだけではなくスマホやタブレットの端末でも確認できるように設定することも可能。これにより、出先でもリアルタイムで顧客情報を見て効率のよいアクションに繋げられます。

代行で便利

オペレーターの女性

オフィスにかかってくる電話に対して応対してくれる電話代行サービスは、顧客や取引先の取りこぼしを防ぐことができます。また、営業電話などのアウトバウンド業務を請け負っているところもあるので、事業拡大に役立ちます。

もっと見る

顧客の管理

オフィス

商品やサービスを購入してもらった顧客にリピートしてもらうための施策は、CRMを主軸としたシステムを活用するといいでしょう。蓄積されたビックデータを元に、新しい事業の戦略を行なうことも可能です。

もっと見る

コストが安い

3人のオペレーター

人件費の節約にもなる電話代行サービスは、月々の料金が5,000円程度で利用できます。また、スポットでの利用も可能なので、電話応対が集中するタイミングで申込をしておくと便利です。

もっと見る